20,November

死刑にならない裏技

沼津ストーカー殺人 2審も無期 計画性認めず(静岡新聞)

沼津市で2000年4月、以前交際していた女子高生にストーカー行為を繰り返した末、刺殺したとして殺人罪などに問われた無職の平栗秀正被告(33)の控訴審判決公判で東京高裁は22日、無期懲役(求刑死刑)の一審静岡地裁沼津支部判決を支持、検察側控訴を棄却した。
 判決理由で田尾健二郎裁判長(池田修裁判長代読)は「被告の責任は極めて重大で、被害者の無念、遺族の心情を思うと、誠に忍びないものがある」などと指摘したが、「事前に殺害を計画していたとまでは認められない」と述べた。
 控訴審で検察側は、被告が過去に恋愛感情を拒絶され包丁を持ち出すなどし、服役したことがあることを挙げ「被告の犯罪性向は人格に根付いて固定化しており、矯正の余地はない。犯行態様の残虐性など、死刑がやむを得ない事案だ」と主張していた。
 判決で田尾裁判長は「本件と同様の状況に置かれた場合、再犯可能性はかなり高いといえるが、見ず知らずの者が一方的に好意を寄せて殺害した事案とは異なる」と判断した。
 判決によると、被告は女子高生=当時(17)=と交際していたが、2000年3月上旬、女子高生に「交際を終わらせたい」と言われた。
 その後再び交際するよう迫ったが、拒絶された被告は同年4月19日午前8時ごろJR沼津駅北口駐輪場で登校途中の女子高生を待ち伏せ。包丁で首や胸など約30カ所を刺し殺害した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふーん。
へぇー。
ほーう。

計画性がなければ人殺しても死刑にならないんだ。
待ち伏せが「計画的」にならないって知らなかったよ。
さらに「見ず知らずの者が一方的に好意を寄せて殺害した事案とは異なる」と。

なるほど。
じゃあ知ってる奴を待ち伏せて気分次第で殺せば死刑を免れるって事だな。
もしもの時の為に参考にさせてもらおうじゃねーか。
[PR]



by whirlwind0164 | 2005-12-22 20:40 | ニュース

ざわ・・・ざわ・・・ざわ・・・
by whirlwind0164
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ご案内と自己紹介

ようこそ最下層ブログへ。
初めての方は
カテゴリーの「はじめに」を
お読みください。

検索

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

FreeTEMPOと夜の湾岸
from fallen angels
オレの観戦日程
from やっぱり水平対向は6気筒がいい
天皇杯観戦
from やっぱり水平対向は6気筒がいい
今季のエスパルス観戦成績
from Viva!! FLAT-6
敵状視察 ホーム 清水戦
from 與野レッズBlog
ガンバ 大阪まとめさいと
from ガンバ 大阪マニアックス
YouTube 森三中
from YouTubeお笑い動画
台風9号
from ニュースマップ
やわらか戦車 動画
from やわらか戦車 動画
日南学園あっぱれ!君たち..
from 東国原式。ひがしこくばるしき。

ファン

ブログジャンル

画像一覧